ホーム > 土地改良区の維持管理 > 補助事業紹介

東播用水事業の概要

補助事業による施設の点検整備補修の実施

■水利施設の維持管理のために適用している主要な補助事業の
概要

 現在、東播用水土地改良区で実施している補助事業は、次のとおりです。

(1)土地改良施設維持管理適正化事業

1) 事業概要
 この事業は、土地改良施設の機能低下の防止・機能回復等のため、定期的に行なう必要のあるポンプのオーバーホール・ゲートの塗装・用排水路の補修・その他の整備補修及び施設の改善に対して助成されます。
 この事業は、一般の補助事業と異なり土地改良区等が相互扶助的に実施します。具体的には整備補修を希望する土地改良区等が「適正化事業」に加入し、定められた期間内(5年間)に整備補修等に必要な経費(加入事業費)の30%を積み立て、その積立期間内の定められた年度に整備補修等を行ないます。
 この事業は、団体営規模以上の事業により造成された施設で1施設当たりの事業費が200万円以上で実施できる事業です。

補助率 30%
30%
地元 40% (県土連に30%を5年間で均等拠出する。
実施年度に90%の交付を受け10%負担して実施する。)

注:実施年度に負担する10%の地元負担金は、市町から受益面積割で補助を得ているため、実質的な農家負担は30%です。但し、実施額が加入事業費を超えた場合は、その超過分は非補助となります。

2) 実施状況
 この事業は、平成8年度から加入し継続して実施しています。
 実施済工事は、下表の通りです。

加入
年度
期生 加入
事業費
(千円)
実施
事業費
(千円)
路線・施設等概要 実施
年度
8〜24 20〜36 125,500 130,525 中央管理所2件
南部管理所1件
北神戸幹線水路2件
吉川支線水路2件
大沢支線水路2件
口吉川支線水路2件
明石川支線水路3件
平井支線水路2件
広野支線水路1件
別所支線水路1件
中央幹線水路2件
淡河幹線水路3件
神出支線水路1件
岩岡支線水路4件
合流幹線水路1件
印南支線水路1件
8〜24
23 35 8,000 5,229 北神戸幹線水路北神戸第2段揚水機場
(直流電源装置)
25
3,570 北神戸幹線水路北神戸第2段揚水機場
(防水塗装)
26 38 3,000 4,320 大沢支線水路 大沢第2段揚水機場
(防水塗装)
26
5,000 12,150 中央管理所 配水管理事務所
22 34 6,900
23 35 7,500 7,560 大沢支線水路 大沢第2段揚水機場
(直流電源装置)
27
24 36 11,500 12,420 明石川支線水路 押部谷揚水機場
27 39 3,000 3,078 大沢支線水路 大沢第2段揚水機場
(防水塗装)
24 36 8,200 8,424 中央管理所 地区内監視施設 28
25 37 9,900 9,904 淡河幹線水路 御坂サイフォン 29
25 37 5,300 5,306 加古川支線水路 加古川支線水路
(用水路改修)
28 40 4,400 4,433 大沢支線水路 大沢第2段揚水機場
(電動仕切弁)
29 41 8,000 8,100 岩岡支線水路 7号池支線水路
合計 188,500 215,019 42件  

年度別実施計画は、下表の通りです。

加入
年度
期生 加入
事業費
(千円)
路線・施設等概要 実施予定
年度
27 39 4,000 北神戸幹線水路 北神戸第2段揚水機場(防水塗装) 30
28 40 6,200 岩岡支線水路 ポンプ池揚水機場(揚水機更新) 31
29 41 12,000 中央幹線水路 流量計更新
29 41 19,800 北神戸幹線水路 北神戸第2段揚水機場(揚水機整備) 32
合計 42,000 4件  
(2)国営造成施設管理体制整備促進事業(管理体制整備型)東播用水地区

1) 事業概要
 この事業は、平成12年度に新規採択を受け実施してきましたが、今までに2回事業延長され、3期については3年の期間延長が承認され18年間実施されました。
 また、事業継続を強く要請してきたところ更に5年間の事業延長が承認され,平成30年度より4期目に入りました。
 この事業は、農業水利施設の有する多面的機能の発揮のために、地域における適切な取り組みを促進する観点から、県及び市町が事業主体となって、土地改良区が地域と連携した管理体制の整備を図るためのものです。

○ 管理体制整備計画更新活動(兵庫県)
○ 管理体制整備推進活動(関係市町が組織する協議会)
○ 管理体制整備強化支援(関係市町が組織する協議会、事業実施は土地改良区)

【 多面的機能発揮に要する管理費 】

補助率  維持管理に要した特定費用の37.5%

【 多面的機能発揮のために必要な水利施設整備費等 】
補助率 50%
25%
市町 25%

2) 実施状況
 土地改良区が実施するものとしては、管理の高度化施設整備として開水路の安全柵・放水路整備・管水路の緊急遮断弁・スクリーンの追加や改築などの整備工事を行います。その整備事業の概要は下表の通りです。

年度 多面的
機能
管理費
(千円)
高度化
施設整備等
工事費
(千円)
高度化施設等主要整備概要 支援
事業費

(千円)
1期
12〜16
60,130 170,958 安全施設整備4件
放水施設整備5件
緊急遮断弁整備2件
超音波流量計整備2件
除塵施設整備1件
防塵対策整備1件
231,088
2期
17〜21
58,046 169,954 安全施設整備6件
放水施設整備2件
緊急遮断弁整備3件
超音波流量計整備1件
防塵対策整備4件
管理道路整備3件
水路補修整備5件
雨量計測施設整備1件
切梁補強整備1件
228,000
3期
22〜26
54,673 162,827 放水施設整備6件
超音波流量計整備2件
超音波水位計整備1件
防塵対策整備4件
管理道路整備1件
水路補修整備6件
防塵機整備 2件
排泥機整備 1件
217,500
27 12,921 23,679 中央管理所省エネルギー対策
木津・堀越池支線揚水機省エネルギー対策
神出支線水路拍子ヶ池放水路整備
36,600
28 14,428 22,172 松尾池揚水機省エネルギー化対策
神出支線水路拍子ヶ池分水余水放流ゲート整備
森安支線水路余水放水路設置
岩岡支線水路岩岡水路橋内面補修
東播用水地区安全施設整備
36,600
29 13,002 23,598 森安支線水路放水路整備
勝雄・尾谷揚水機省エネルギー対策
別所支線水路小林地区放水路整備
旧岩岡支線水路田井地区整備
36,600
合計 213,200 573,188   786,388

■これまでに実施した補助事業による施設の整備補修状況 (参考)

(1) 基盤整備促進事業(安全施設整備)  淡河地区

 平成10年度に淡河幹線水路 (神戸市北区淡河町萩原から淡河中村地先の区間)に係る安全施設整備を目的に転落防止柵又はネットフェンスを設置しました。

(2) 基幹水利施設修繕保全事業  口吉川地区

 平成7年度に口吉川支線水路(吉川町西奥地先国道改修関連)水路を付替えました。

(3) 農地流動化支援水利用調整事業  東播用水地区

 平成6年度から12年度までの5年間に実施された受益地の農地情報を電子データとして整備する事業(国費100%)の一環として、軽微な補修整備が可能なことから、分水工、流量計、管の補修など現行制度においては、非補助となるような軽微な整備補修を行い、農家負担軽減を図りました。

(4) 農地有効利用支援整備事業  東播用水地区

1) 事業概要
 平成21年度限り、営農体系の変更とは関係なく、耕作放棄地となるおそれのある農地、その周辺の農業水利施設等に掛る整備を実施しました
   補助率 : 国50%・地元50%

2) 実施状況

工事内容 実施額 (円) 施工場所
大沢支線水路
空気弁保護工事 6箇所
仕切弁 6箇所
電気施設備交換
漏水整備
目地補修
7,784,650 大沢町中大沢・大沢町上大沢
淡河町淡河
吉川町金会・豊岡
口吉川町西中
稲美町野寺
(5) 新農業水利システム保全対策事業  東播用水地区

 この事業は、平成18年度に新規採択され平成19年度から平成22年度までの5年間で実施しているもので、その主要事業は、大沢支線水路や北神戸幹線水路に付帯する第1段、第2段揚水機場や幹線水路に付帯する分水工の電動バルブ等を遠隔操作し、運転操作の省力化・監視体制の拡充のために設置された遠方監視制御施設(TCTM装置)が、近年不具合が多くなり交換部品が確保できないものも発生したことから、より経済的な汎用性のある機器類に移行・更新したものです。
 事業の区分は次の通りです。

1) 農業水利システム保全計画策定事業 (事業主体:東播用水土地改良区)
  【 実施期間 】 平成18年度〜平成22年度
  【 総事業費 】 10,800千円(国費100%)

2) 管理省力化施設整備事業 (事業主体:兵庫県(加古川流域土地改良事務所))
  【 実施期間 】 平成18年度〜平成22年度
  【 総事業費 】 483,379千円

年度 施設工事費
(千円)
主要  整備の概要
18〜22 483,379
除塵施設製作据付3基
流量計更新74基
水位計設置5基
仕切弁更新27基
ゲート更新3基
サイフォン点検口設置3基
遠方監視制御施設親局1局・子局37局
監視カメラ設置7基
雨量計設置8基