ホーム > 土地改良区の一般事項 > 高畦畔免除

土地改良区の一般事項

高畦畔免除方法

 高畦畔免除とは、水張り面積に対し最大畦畔面積以上(水張り面積に対し20%を越える面積)を賦課金から免除する方法です。

■免除対象

1) 対象経費
  1. 経常賦課金
  2. 維持管理費 (地区内管理費)
2) 対象農地
  1. 基盤整備事業による換地処分登記が完了した農地
  2. 国土調査済の農地

■事務手続

1)要請により水利委員等を通じて下記『高畦畔免除申出書』を手元に届けます。(様式2)
☆申出には2つの方法があります。
  1. 組合員個人からの申出 [地元選出役員・水利委員等経由]
  2. ほ場整備事業により水張り面積を測量している場合は、関係土地改良区理事長より関係書類を添付して一括申出
2) 必要事項を記入押印し、東播用水土地改良区へ提出して下さい。

※毎年12月末日迄に『高畦畔免除申出書』を土地改良区へ提出いただきますと、
審査の結果で翌年度から免除されます。

■事務処理

1) 申出により審査(書類・現地測量)を行い、結果を地元選出役員・水利委員等若しくは関係土地改良区理事長に文書で通知する。
2) 承認されたものを土地原簿に反映し、翌年度の賦課金から免除する。